仏原子力空母 乗務員の3分の1が陽性 新型コロナ

 【パリ=三井美奈】フランス国防省は15日、原子力空母シャルル・ドゴールに乗船していた1767人のうち、668人に新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。感染者のうち31人は入院したという。

 空母は今月初め、大西洋を航行中に約40人の乗組員に感染症状が出た。予定を早めて仏南部トゥーロンに帰港し、乗組員の検査を行っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ