トランプ政権、イランの「ウイルス起源説」同調に反発

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ政権は、イランのハメネイ体制が新型コロナウイルスの感染拡大で米国の支援を拒否し、中国の習近平共産党体制が流している「ウイルス米国起源説」に同調の構えを示していることに態度を硬化させている。ポンペオ国務長官は23日、ハメネイ体制による反米思想に根差したディスインフォーメーション(偽情報工作)を厳しく批判する声明を発表した。

 イランの最高指導者ハメネイ師は22日のテレビ演説で「米国がウイルスを作った疑いがある。そんな疑惑のある米国からの支援を受けるのは賢明ではない」などと主張した。

 ポンペオ氏はこれに対し「ハメネイ師による作り話は危険であり、イランや世界の人々を一層危険にさらすものだ」と非難した。

 その上で「イランが世界に知られたくない事実」として複数の事例を列挙。シリアのイラン系武装組織向けに武器を輸送したとして米独自の制裁対象になっているイランのマハン航空が、2月にテヘラン-中国間で計55便を運航し、イラン国内での感染を拡大させたと指摘した。

 また、少なくとも5カ国で最初に確認された感染例は、イランから持ち込まれたウイルスに感染したことが判明したとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ