フィリピン 新型コロナで首都封鎖へ

 【シンガポール=森浩】フィリピンのドゥテルテ大統領は12日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、15日から4月14日まで陸路や海路、国内航空便での首都マニラの出入りを禁止すると発表した。首都を事実上、封鎖することで感染の押さえ込みを図る。

 国際線への言及はなかった。ドゥテルテ氏は同時に、マニラの全学校を4月12日まで休校にすることも発表。不特定多数が集まる集会も禁止するという。ドゥテルテ氏は「この言葉はあまり使いたくないが、これは封鎖だ。新型コロナウイルスから国民を守るための措置だ」と話した。

 保健省によると、国内では12日までに52人が感染し、このうち2人が死亡している。12日には、式典に参加した閣僚らが感染者と接触していたことが判明。大統領府は、ドゥテルテ氏自身がウイルス検査を受けると発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ