米大統領選 バイデン氏4州で勝利 サンダース氏も1勝

 【ワシントン=黒瀬悦成】11月の米大統領選に向けた民主党の候補指名争いで10日、中西部ミシガン州など6州で予備選・党員集会が実施された。米主要メディアによると、バイデン前副大統領(77)はミシガン州に加え、中西部ミズーリ州と南部ミシシッピ州、西部アイダホ州で勝利を確実にした。

 バイデン氏は一般代議員125人を抱えるミシガン州を制し、本選候補指名に大きく前進した。3日のスーパーチューズデーで勢いを失い、同州で形勢逆転を目指していたサンダース上院議員(78)には痛い敗北となった。バイデン氏はミズーリ、ミシシッピ両州で黒人の圧倒的な支持を得たほか、白人の支持でもサンダース氏を上回り、幅広い層から支持された。サンダース氏は中西部ノースダコタ州で勝利した。

 「ミニ・スーパーチューズデー」第1弾となる10日の予備選・党員集会での代議員総数は352。本選候補に指名されるには、代議員3979人の過半数(1991人)を得る必要がある。政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」によると、獲得代議員数(米東部時間11日午前5時現在)はバイデン氏823、サンダース氏663。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ