米大統領選 民主クロブシャー氏撤退 中道、バイデン氏へ一本化

 【ワシントン=黒瀬悦成】11月の米大統領選に向けた民主党候補指名争いに加わっていた中道穏健派のクロブシャー上院議員(59)は2日、選挙戦からの撤退を決めた。米メディアが伝えた。AP通信によると、クロブシャー氏は同じ中道系のバイデン副大統領(77)の支持を表明し、バイデン陣営に合流するとしている。

 バイデン氏が大勝した2月29日の南部サウスカロライナ州の予備選後を受けて同党候補が撤退するのは、実業家のトム・スタイヤー氏(62)、ブティジェッジ前サウスベンド市長(38)に続き3人目。

 ブティジェッジ氏も3日日にバイデン氏支持を表明する見通し。今後の指名争いでは、先頭走者の立場を固めつつある急進左派のサンダース上院議員(78)に対抗し、中道候補がバイデン氏の下に結集する構図が鮮明になった。

 ただ、全米14州などで予備選・党員集会が一斉に実施される3日の「スーパーチューズデー」では、バイデン氏と同じ中道系のブルームバーグ前ニューヨーク市長(78)が本格参戦を予定しており、3日を前に中道候補が一本化するのは困難な情勢だ。

 クロブシャー氏は3日に地元の中西部ミネソタ州予備選では勝利できる見込みがあったものの、他州では大敗が予想されていた。

 選挙専門家の間では、同氏がバイデン氏支持に回って恩を売り、将来の「バイデン政権」の副大統領の座を目指している、との見方が浮上している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ