米大統領選 バイデン氏、黒人と高齢層から厚い支持 スーパーチューズデーへ追い風

 【コロンビア(米サウスカロライナ州)=上塚真由】2月29日の米南部サウスカロライナ州予備選でのバイデン前副大統領(77)の勝利は、黒人からの厚い支持を得たことによるものだ。民主党の伝統的な支持基盤である黒人層からの人気ぶりが証明され、バイデン氏にとっては追い風となる。

 黒人比率の高い州で行われた初の予備選となり、黒人票の行方が注目されていた。CNNの出口調査によると、黒人の有権者のうち61%がバイデン氏に投票、サンダース上院議員(78)は16%にとどまった。

 バイデン氏は初の黒人大統領となったオバマ氏を副大統領として支えた実績をアピール。緒戦の敗北でサウスカロライナ州でも支持率が落ちたが、予備選直前に同州選出の黒人の大物下院議員、ジム・クライバーン氏からの支持を取り付け、勢いを盛り返した。重要州と位置付けた同州で敗北すれば、撤退論も浮上するとささやかれたが、地力を見せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ