日韓からの乗客24時間隔離 福建省アモイ、感染者増で

 中国広東省広州市の日本総領事館によると、福建省のアモイ空港が27日、新型コロナウイルスの感染者が増えている日本や韓国から到着した全ての乗客への検疫強化を発表した。詳細は総領事館が確認中だが、乗客は当局指定の場所で経過観察のため24時間隔離されるという。

 総領事館によると、経過観察でのウイルス検査で陽性の場合は病院に搬送され、陰性の場合はホテルや自宅での14日間の隔離が求められるとの情報がある。

 中国メディアによると、山東省威海市当局が既に、日韓から同市を訪れる全ての人を対象に、ホテルに14日間隔離する措置を打ち出した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ