リビア恒久停戦へ合意支持 安保理が決議採択

 国連安全保障理事会は12日、内戦で国家分裂状態のリビア情勢に関する公開会合を開き、1月の和平国際会議が採択した恒久停戦に向けた合意文書を支持する決議案を賛成多数で採択した。常任理事国のロシアは棄権した。

 リビア内戦では、シラージュ暫定政権と有力軍事組織「リビア国民軍(LNA)」の停戦開始から12日で1カ月たったが、両勢力を支える外国の介入が続き、和平プロセスは崩壊の危機にある。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ