ソウルで「つけ麺屋やすべえ」パクリ店、韓国から飛び出した“あのワード”

 東京都で展開する人気つけ麺チェーン「つけ麺屋やすべえ」の模倣店が韓国・ソウル市で見つかった問題で、11日までに店側がSNSでブランドの無断使用を認めて謝罪した。日韓関係改善の兆しが見えないなかの不祥事に、韓国でも厳しい意見があがった。

 問題の店は先月、トッピングの具材から食器まで日本の「やすべえ」とそっくりのつけ麺の写真や、入り口に堂々と「つけ麺屋やすべえ」のロゴを掲げた店舗の写真をインスタグラムに投稿していた。また、「やすべえ」の韓国進出をほのめかすハッシュタグも添えられており、見る人が誤解する恐れがあった。

 「やすべえ」側は6日、韓国で模倣店が確認されたとツイッターと公式サイトで声明を発表。「やすべえ」店舗は都内の8店舗だけで問題の店とは関係がないと日本語と韓国語で説明し、「法的な対応も検討」すると立場を示した。日韓双方で“パクリ疑惑”が持ち上がると、問題の店は11日までに「『やすべえ』というブランド力を利用したかった」「後悔している」などとインスダグラムで模倣を認め謝罪した。今後は店名や内装・外装を変えて営業するという。

 不祥事に怒りをあらわにする人は多く、ツイッターでは韓国人と思われるユーザーが「謝罪文では客を騙したことについて謝っていたが、最初にすべきことは日本の『やすべえ』への謝罪ではないのか」などと厳しい意見をハングルで述べていた。「この時局に日本ブランド、そのうえ無断だったなんて」などと、日本製品不買運動が続く韓国で日本製品を購入する人などを責める流行語「この時局に(イシグゲ)」を交えて不祥事を嘆くコメントもあった。

 日本では「またパクられたのか」と昔からさまざまな分野で続く無断の模倣に呆れる声もあがるなか、「今はSNSというツールがあって本当によかった」と、SNSの情報拡散力が短い期間で店側が模倣を認めた事につながったと喜ぶツイッターユーザーもいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ