新型肺炎、武漢で入院の米国女性死亡 中国本土の外国人初か

 【中国総局】在中国米大使館は、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスに感染し、中国湖北省武漢の病院に入院していた米国人の60歳女性が死亡したと明らかにした。ロイター通信が8日報じた。

 感染が確定した外国人が中国本土で死亡したのは初めてとみられる。

 中国外務省は6日、同日正午の時点で、中国国内の外国人の感染者は19人に上ると明らかにしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ