新型肺炎、警鐘の医師死去 自身も感染「デマ」と摘発

 【北京=三塚聖平】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国で、早期にインターネット上で警鐘を鳴らしていた湖北省武漢市の医師が7日、新型肺炎によりこの世を去った。昨年12月に会員制交流サイト(SNS)で原因不明の肺炎への警戒を呼び掛けたことで、「デマを流した」として処分を受けていた。中国のSNS上では当局の対応を批判する声が高まっており、公職者の不正を取り締まる国家機関も調査に乗り出す事態となっている。

 亡くなったのは、武漢の病院に勤務する眼科医の李文亮氏。中国紙チャイナ・デーリー(電子版)によると33歳だった。

 中国メディアの報道を総合すると李氏は昨年12月30日、2002~03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の陽性反応が出た患者がいることを知り、注意を促すため仲間内のSNSに情報を投稿。その情報がネット上に広がった。その後、武漢の公安当局が「事実ではない情報を拡散した」などとして8人を摘発したと公表。李氏も訓戒処分を受けたという。

 李氏は、処分後も病院で治療にあたっていたが、せきや発熱といった症状がみられるようになった。1月中旬に入院し、その後に感染も確定。中国メディアの取材に対して経緯を明らかにしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ