新型肺炎、習氏の「体育強国」戦略に影 北京冬季五輪へ影響も

 【北京=西見由章】中国での新型コロナウイルスの感染拡大は、国内のスポーツ界にも大きな混乱をもたらしている。今夏の東京五輪で金メダルを量産、2022年2月の北京冬季五輪を成功させ、同年秋に開かれる5年に1度の共産党大会に臨む-。習近平国家主席のそうした国威発揚のシナリオと「体育強国」戦略に狂いが生じつつある。

 中国の体育当局がまず気をもんでいるのは、東京五輪に出場する代表選手への感染リスクだ。

 中国卓球協会は6日、国際大会ワールドツアー、ドイツ・オープンに遠征していた中国選手団の帰国予定を変更し、3月3日から同ツアーが行われるカタールに直接移動すると発表した。感染防止のために国内での合宿計画を取り消し、選手たちの「密閉と監督」を強化するという。

 国家体育総局の幹部は1日、東京五輪の代表選手には1人も感染者や疑い例が確認されていないとしつつ「五輪本番を前に厳しい試練を受けている」と国営メディアの取材に語った。

 各国は中国からの渡航制限措置を強化しており、上海のベテランスポーツ記者、●(=龍の下に共)暁躍(きょう・ぎょうやく)氏は「海外でのトレーニング計画にも支障が出る」と指摘する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ