米大統領選 アイオワ農家を米中摩擦が翻弄 「ますます苦しく」「俺たちがトランプ氏を再選」

 米大統領選の民主党候補指名争いは11人がひしめく混戦ながら「打倒トランプ」では一致する。3日に最初の党員集会が開かれた中西部アイオワ州では、民主党を支持する農家の人たちが一様にトランプ大統領への批判を口にした。

 「もともと農業経営は楽じゃないが、ますます苦しくなっている」。州北西部で大豆とトウモロコシを生産するマーレイさん(34)は元共和党員。2016年の前回選はトランプ氏に投票した。今回、民主党を支持するのは、トランプ氏が仕掛けた対中関税に対し、中国が発動した米農産品への報復関税の影響で売り上げが落ち込んだからだ。

 アイオワは飼料用トウモロコシ生産量が全米1位、大豆が2位。州都デモインから車を30分も走らせれば農地が広がる。政治的には8年と12年の大統領選を民主党のオバマ前大統領が勝利し、16年の前回選は共和党のトランプ氏が制した「スイング・ステート(揺れる州)」。農家の支持が同氏の勝利に貢献したとされ、再選の行方を占う。

 州中部で100年続く農家を経営する民主党幹部のギャノン氏は「トランプ氏は混乱しかもたらしていない」と批判。政権奪還に向け、「民主党は結束する必要がある」と意気込んだ。

 ただ、打倒トランプの動きに広がりはない。農業専門誌の1月の世論調査によると、農家や牧場主のトランプ氏の支持率は83%。大統領就任以来、最高の水準だ。穀物倉庫や畜舎など農家向け建築を手がけるブランヘイガンさん(49)は「長期的利益のための一時的な我慢と考える人が多いからだ」と説明する。

 トランプ氏は「貿易戦争」の痛手を受ける農家に手厚い補助金を支給。支持層の農家は「公平な貿易協定を実現する」との同氏の言葉を固く信じている。

 米中の「第1段階」の貿易協定で、中国が大量の米農産物購入を約束したことも追い風だ。党員集会を控えた1月末、トランプ氏はデモインで「中国との貿易を公平にし、韓国や日本との貿易も正した。次は欧州連合(EU)だ。私は農家を愛している」と訴え、支持者の喝采を浴びた。

 トランプ氏は「米国は食い物にされてきた」と、過去の通商協定の見直しを主張。今月に北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)実施法案にも署名し、途切れなく成果を出し続けている。

 「暮らしは上向く。民主党の指名候補が誰になろうと関係ない。俺たちがトランプを再選させる」と州北東部で4代続く農家を営むビアードさん(44)は力を込めた。(デモイン 平田雄介、ワシントン 塩原永久)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ