米大統領選 アイオワ党員集会、集計結果発表されず大混乱

 【デモイン(米アイオワ州)=黒瀬悦成】米中西部アイオワ州で3日行われた、大統領候補指名に向けた民主党の党員集会は、当初は開始から約2~3時間程度で判明する予定だった集計結果が全く公表されず、候補者やメディアの間で動揺が広がった。結果判明は4日にずれ込んだ。

 アイオワ州の民主党支部は3日深夜、「集計データに矛盾があり、確認作業に遅れが生じた」と説明。集計をめぐっては今回からスマートフォンのアプリを使って送信する方式が導入されたことから「アプリの不具合が原因」との見方も出た。ただ、党支部はこれを否定し、ハッキングなどもなかったと強調した。

 各候補は待ちきれなくなり、結果不明のまま「勝利宣言」ならぬ「健闘しました宣言」を発表して11日に予備選が行われる東部ニューハンプシャー州に移動。地元紙を含む新聞各紙も誰が勝者か判然としない紙面を作る羽目となった。

 トランプ大統領の陣営は「史上最もずさんな脱線事故だ。(候補指名)手続きの公平性が疑問視されて当然だ」と酷評する声明を発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ