米大統領選 党員集会ルポ 「初デートの前に政治的立場を」暮らしと政治が直結

 米大統領選は3日の中西部アイオワ州党員集会で口火が切られた。州都デモインのビル「キャピタル・スクエア」に民主党が設けた党員集会の会場を訪ねた。

 集会が始まったのは午後7時だったが、各陣営のメンバーは開場時間の6時を待たず、4時すぎに集まって打ち合わせを始めた。

 ウォーレン上院議員(70)の旗を持つゼニックさん(66)は西部ワイオミング州から引っ越してきたばかり。「初めてだから興奮しているわ」。

 受付の準備を手伝うボランティアのスミットさん(31)も、「全米で最初に大統領候補を選べるのはアイオワ人の特権よ」といきいきした表情だ。子どもの頃から両親に連れられて参加してきた「4年に一度のお祭り」だという。開場前に到着した男性(75)はブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長(38)の支持者で「彼は若くて賢い。世代交代すべきだ」と話す。

 党員集会の会長を務めるボスさん(71)が開会を宣言した。参加者は1080人。吹き抜けの1階ロビーに詰めかけた党員の様子を、2階の回廊に陣取る各国メディアが見つめる。

 1回目の支持表明。有力候補のバイデン前副大統領(77)の陣地に集まる人が明らかに少ない。脱落となり、陣営のメンバーの男性が床に座り込んだ。

 早速、他陣営のスタッフがバイデン氏の支持者の勧誘を始めた。事前に「バイデン氏支持」と話していたマレンさん(67)がウォーレン氏の集団に加わった。「セカンド・チョイス(2番目の選択)は女性大統領の誕生」という。

 大規模な会場だが、参加者には顔見知りが多い。党員ばかりとはいえ、人前で政治信条を開陳することに抵抗はないのだろうか。

 婚約者と参加した、膠原病患者のピーターソンさん(27)は「初デートの前に彼の政治的な立場を確認したわ。気にかけてくれる人か分かるから」。2人とも福祉の充実を訴えるサンダース上院議員(78)を支持。暮らしと政治が密接につながっている。

 最終結果の集計前にブティジェッジ氏へのコールが起きた。続いてサンダース氏、最後にウォーレン氏。真剣勝負の最中でもどこか明るいのが米国流だ。

 ボス氏が「接戦のため集計が長引く」と報告すると、ほとんどの参加者が帰っていった。スミットさんは「結果は家で聞くのが合理的」と話した。(デモイン 平田雄介)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ