中村さん、失血で死亡か 緊急手術後、搬送中に

 アフガニスタン東部で福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師、中村哲さん(73)が銃撃された事件で、中村さんは失血により死亡したとみられることが9日、アフガン保健省幹部への取材で分かった。

 保健省幹部によると、中村さんは複数の銃弾を受けたとみられ、ナンガルハル州の州都ジャララバードの病院で緊急手術を受けた。その後、別の場所でさらなる治療を受けるため空港に搬送された際、再び傷口から大量に出血したという。

 中村さんは4日朝、かんがい作業の現場に車で向かう途中に襲撃された。地元メディアが公開した現場近くのものとされる防犯カメラの映像には、襲撃後とみられる男らが白色の乗用車2台に乗り込んで逃走する様子が写っていた。警察は6、7人の男らが中村さんの車を待ち伏せした計画的犯行とみている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ