犠牲者悼み、日米友好強調 ハワイ真珠湾攻撃78年

 太平洋戦争の戦端を開いた1941年12月の日本軍による真珠湾攻撃から78年を迎えた7日朝(日本時間8日未明)、米軍などがハワイ州真珠湾に面した公園で追悼式典を開いた。米軍関係者や日米の関係者ら約3千人が出席し犠牲者を悼み、日米の友好関係を強調した。関係者によると、攻撃で生き残った13人の米退役軍人が出席した。

 式典では攻撃が始まった時間に合わせて黙祷(もくとう)がささげられ、太平洋軍司令官を務めたハリス駐韓大使やバーンハート内務長官らがあいさつした。近くの海軍施設や南部フロリダ州の海軍施設で相次いで起きた発砲事件の犠牲者にも哀悼の意をささげた。

 攻撃で撃沈された戦艦アリゾナの記念館近くでは、米駆逐艦の乗組員らが艦上で敬礼した。戦艦アリゾナの乗組員だったルー・カンターさん(98)=カリフォルニア州在住=は「来ることができてうれしい。仲間の多くが亡くなり寂しい」と述べた。9日には日米合同の追悼式典が行われる。(ホノルル 共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ