正恩氏の叔父・金平一氏が31年ぶりに帰国 権力基盤に影響なしと判断か

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の叔父で駐チェコ大使を務めた金平一(ピョンイル)氏(65)が最近、北朝鮮に帰国したことが明らかになった。平一氏は、正恩氏の父、金正日(ジョンイル)総書記との権力争いに敗れ、30年間以上海外を転々としてきたが、もはや正恩氏の権力基盤に影響を及ぼさないと判断されたもようだ。政敵を徹底的につぶしていく正恩氏の独裁手法がうかがわれる。

 韓国の情報機関、国家情報院が国会で報告したと、産経ニュースが1日報じた。

 平一氏は、正日氏の異母弟だが、北朝鮮を建国した父親の金日成(イルソン)主席と風貌も似ていることから、一時は後継者の有力候補と目されていた。

 だが、正日氏との後継者レースに敗れたことで国外に出されることに。1988年に駐ハンガリー大使に赴任したのを手始めに、欧州の複数の大使を務めてきたが、国内の要職に返り咲くことはなかった。

 2017年2月に正恩氏の異母兄、金正男(ジョンナム)氏がマレーシアで殺害される事件の前には、欧州の脱北者団体が平一氏を亡命政府の首班に担ぎ上げようとする動きがあったが、平一氏は一貫して正恩氏に恭順の意を示してきたとされる。

 正恩政権が、平一氏が海外にいても「血統」を利用しようとする勢力が現れるだけで、国内に戻しても、もはや正恩氏の権力基盤に影響を及ぼす恐れはないと判断した可能性がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ