軍事協定の破棄再考要請へ 河野氏、韓国国防相と会談 米加え3カ国協議も

 河野太郎防衛相は17日、訪問先のタイの首都バンコクで、韓国の鄭景斗国防相と会談する。韓国が破棄を決めた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の失効が23日午前0時に迫る中、河野氏は継続へ再考を要請する方針だ。米国のエスパー国防長官を加えた3カ国による防衛相会談も開催。北朝鮮対応での連携を確認する見通しだ。

 日韓両国の防衛相による公式会談は、昨年10月以来。河野氏の要請に対し、鄭氏がどう返答するかが焦点となる。

 日本は北朝鮮による弾道ミサイル発射が続く中、日米韓の結束が揺らぎかねないとして、協定維持を主張。米国も存続へ働き掛けを強めている。韓国は日本が輸出規制措置を撤回すれば、再検討するとしており、双方の立場には大きな隔たりがある。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ