米ワシントン近郊で慰安婦像の除幕式 全米で5体目

 【ワシントン=黒瀬悦成】米ワシントン近郊の南部バージニア州アナンデールで、韓国系米国人の市民団体が慰安婦像を設置し、27日に韓国から元慰安婦を呼んで除幕式が行われた。米国内での慰安婦像の設置は南部ジョージア州、西部カリフォルニア州などに続き5体目。

 慰安婦像が設置されたのは、韓国系米国人の居住地域として知られるアナンデールの商業ビルの前庭。序幕式には団体の関係者ら数十人が集まり、「日本は(元慰安婦に)謝れ」などと叫んで気勢を上げた。

 アナンデールでの慰安婦像設置運動の世話人は産経新聞などの取材に、「日本政府に対し、慰安婦への謝罪や賠償を求める」「慰安婦をめぐる2015年の(日韓)合意は、元慰安婦が関与していないので意味がない」などと主張した。

 一方、アナンデールでの慰安婦像の設置について、バージニア州在住の韓国系米国人の女性は「ここには日本人も食事や買い物に来る。韓国系の間では像の設置を迷惑だと思っている人も少なくない」と指摘し、「韓国と日本が過去の問題で対立を続けるのは北朝鮮や中国を喜ばせるだけだ」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ