米司法省、記者に情報漏洩の国防情報局分析官を起訴 軍事情報などを提供か

 米司法省は9日、女性記者2人に外国の武器システムに関する重要機密情報を提供したとして、国防総省傘下の国防情報局(DIA)で対テロ分析官を務めるヘンリー・フリース容疑者(30)を国防情報の漏洩(ろうえい)罪で起訴したと発表した。起訴状などによると、フリース容疑者と女性記者の1人は恋愛関係にあり、女性記者の出世を後押しするために情報を提供した。この女性記者は提供された情報に基づき、少なくとも8本の記事を執筆したとしている。

 ロイター通信によると、2017年のトランプ政権発以降、連邦政府からの機密情報漏洩が摘発されたのは今回で6件目。(ワシントン 黒瀬悦成)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ