ドイツ東部で銃撃、2人死亡 ユダヤ教礼拝所前で

 【パリ=三井美奈】ドイツ東部、ザクセン・アンハルト州のハレで9日、銃撃事件があり、2人が死亡した。犯人は車で逃走した。地元警察が発表した。

 独メディアによると、銃撃はシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)前で発生。ヘルメットをかぶった男が付近のユダヤ教墓地に侵入しようとした後、入り口に手投げ弾を投げ付けたという証言がある。

 犯人は複数いるもようで、ハレの東方15キロにある別の街でも発砲があったという。警察は1人を身柄拘束したと発表する一方、住民に引き続き警戒を呼びかけた。反ユダヤ主義に関連した犯行の可能性も指摘されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ