日米韓の北朝鮮問題担当が協議 非核化を確認

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国務省は8日、ビーガン北朝鮮担当特別代表が同日、外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長、韓国の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長とワシントン市内でそれぞれ会談したと発表した。3者は日米韓の3カ国協議も行った。

 国務省によると、3者は北朝鮮の完全非核化と朝鮮半島の恒久平和の達成に向け、米韓と日米、日米韓が引き続き緊密に連携していくことの重要性を改めて確認した。

 3者は、不調に終わった5日のストックホルムでの米朝実務協議の結果を踏まえ、今後の対応について協議したとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ