“最強の攻撃機”が新しい翼で復活 「A-10」がもつオンリー・ワン能力

 【軍事ワールド】 

 米空軍が運用する攻撃機「A-10サンダーボルト2」173機の主翼全体を新たに製造した新品に交換する作業が今夏完了した。今月中旬に米軍が発表した。試作機の初飛行から47年、実戦部隊への配備開始から42年という古い飛行機を使い続けるため、翼を丸ごと新品に交換するのは前代未聞だ。そこにはA-10の持つ「オンリー・ワンの能力」がある。

(岡田敏彦)

 強くて遅いが

 A-10は湾岸戦争(1991年)などで米陸軍や米海兵隊を空から援護してきた地上攻撃機。主翼と胴体下に爆弾やミサイルを懸架できるハードポイント(機外兵装搭載部)を11カ所備え、最大搭載量は7・3トンと第二次大戦時の爆撃機B-29(4・5~9トン)並。機首には戦車の上面装甲を貫通する口径30ミリのガトリング式機関砲を搭載している。これらの装備で味方陸兵の難敵となる敵戦車や防備の堅い陣地などを攻撃するのが役目だ。

 一方で最高速度は706キロと、ジャンボジェット機(巡航速度で約900キロ)より遅く、第二次大戦時のレシプロ(プロペラ式)戦闘機のP-51マスタング(703キロ)と変わらない。音速を優に超えるジェット戦闘機が飛び交うなか、鈍足の攻撃機が21世紀にも生き残る理由は、地上攻撃に特化したことによる。

 早すぎた「マルチロール」の後

 米軍がA-10の開発要求を出したのは1967年3月6日。当時の米空軍の攻撃機はF-105やF-111といった空対空戦闘と攻撃を兼用するものだった。今でこそマルチロールファイター(他用途戦闘機)としてF-15Eなどがその任に付いているが、当時の技術では速度や機動性、爆弾搭載量が「帯に短し、たすきに長し」の域を超えず、ベトナム戦争でもF-105の被害が増加。米空軍は当座を凌ぐため米海軍の攻撃機「コルセア2」を導入するなど、空軍の方針は揺らいでいた。

 必要なのは、ベトナム戦争のような限定戦争はもちろん、冷戦の最前線の欧州で圧倒的な数の優位を誇るソ連(現ロシア)を中心としたワルシャワ条約機構軍の戦車群に致命的なダメージを与えられる攻撃機。そうしたコンセプトのもと、A-10の開発はスタートした。 

 開発要求は航空機メーカー21社に提案され、グラマン社など4社が研究。この結果を得て70年5月に再度提案要求が出され、応じた6社のなかからフェアチャイルド社案(後のA-10)とノースロップ社案(同A-9)が採用され試作機が作られた。

 空軍上層部には「地上攻撃専用などという贅沢な機体が必要なのか」といった反対論があったが、空軍内の異端児ともいえるジョン・ボイドやピア・スプレイら「ファイター・マフィア」らの強い主張により、73年1月にA-10の正式採用が決まった。

 空軍上層部と米議会は正式採用後にも横やりを入れ、A-7Dとの比較試験を要求したが、カンサス州で74年4月16日から5月10日まで行われた試験では操縦性などでA-10が圧勝し、量産は揺るがなかった。

 オンリー・ワン

 以降、湾岸戦争やアフガンなどの戦場で米地上兵力の支援に活躍し「必要不可欠な機体」となった。その理由は「理想の地上攻撃機とは何か」を考え抜いた基本コンセプトにある。

 重装甲の戦車を破壊できる機首のアベンジャー機関砲(GAU-8)は重さ1・8トン、全長6・4メートルと高級乗用車と同じ規模で、搭載できる航空機は実質的にA-10のみ。ただ、この機関砲で敵戦車群に打撃を与えるためには低空を長時間飛ぶ必要があり、対空砲で反撃を受ける確率は高い。

 その対策として、操縦席は厚さ約4センチのチタン合金の装甲板で囲った。このチタンのバスタブだけで重量400キロを超える。

 また、垂直尾翼が左右の水平尾翼の端につくという第二次大戦時の爆撃機のようなレトロなスタイルにも理由がある。赤外線ミサイルによる攻撃を受けた際、ミサイルの目標となる熱源(エンジン排気口)を尾翼で隠すことに寄与しているのだ。

 一方でエンジンは米海軍の艦上対潜哨戒機S-3バイキングのTF-34をほぼそのまま採用。エンジン開発費をカットし、機体単価を抑えている。

 そのエンジンを守るのは尾翼だけではない。実は主翼も前下方からの対空砲火からエンジンを守る「盾」の役割がある。

 短距離離陸性能と航続距離の延伸に重点を置いた直線翼は、ハードポイント8カ所を備える一方、主脚は収納してもタイヤが機外に出ているという第二次大戦前の機体のような古風さだが、これは攻撃で被害を受けての不時着を考慮したもの。この長大な主翼は重い機関砲と爆弾を下げて飛べるだけあって、翼面積47平方メートルもある。最大翼面荷重(1平方メートルあたりで支える重量)は約450キロにもなる。

 A-10は機体の重量(燃料抜き)が約10トンで、約7トンの爆弾類に加え燃料などを加えた最大離陸重量は約21トン。爆弾抜きなら軽快に舞う機体である一方、自重に近い爆弾類を抱えて飛ぶことが出来るのは、この頑丈な主翼のおかげなのだ。

 その主翼も、さすがに寄る年波には勝てず経年劣化で強度不足が懸念されたため「新しい翼」への交換となった。

 米空軍によると、主翼の交換プログラムは2007年にスタート。A-10を生産したフェアチャイルド社が既に航空機生産から手を引いていたため、米航空機大手のボーイング社が約11億ドルで契約した。11年から作業が始まり、今年7月下旬に交換最終機となる173機目の作業を終えて試験飛行を無事に終了した。米空軍では、主翼交換により、A-10は2030年代後半まで運用できるとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ