香港渡航に危険情報 「十分な注意」必要 日本外務省

 日本外務省は14日、香港への渡航について十分な注意を呼び掛ける「レベル1」の危険情報を出した。1997年の香港返還後、危険情報の発出は初めて。

 外務省は「ゲリラ的な抗議活動が行われるなど流動化傾向があり、抗議者と警察当局の衝突がエスカレートしている傾向もみられる」としている。

 危険レベルは4段階あり、数字が大きくなるほどレベルが上がる。十分な注意を呼び掛けるのが「1」。「2」は不要不急の渡航をやめるよう呼び掛ける段階で、「3」は渡航中止勧告、「4」は退避勧告。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ