韓国高官が米政府引き込みに外交攻勢、米は明確な言及避け

 【ソウル=桜井紀雄、ワシントン=塩原永久】韓国政府の高官が相次ぎ米ワシントンを訪れ、日本政府による半導体材料の輸出管理の厳格化をめぐって米側を引き込もうと外交攻勢を強めている。

 韓国外務省で経済外交を担う部局の金希相(キム・ヒサン)局長は11日、米国務省のナッパー副次官補代行(日本・韓国担当)らと協議。聯合ニュースなどの記者団に「日本の措置がもたらす問題点を十分に議論した。米側がしっかり理解する契機になったと思う」と述べた。

 米側が「仲裁役」として積極的に関与するかとの質問には「仲裁者の役割とは考えない」と答え、「米国が問題の深刻さを十分認識し、さらに悪化してはならないとの考えを持つようになったこと自体に意味がある」と語った。

 10日に米国入りした韓国大統領府の金鉉宗(ヒョンジョン)国家安保室第2次長も、マルバニー米大統領首席補佐官代行らと会談。記者団に対し、日本の措置に絡んで日米韓3カ国の高官級協議を開くことについて、米韓は「非常に積極的」だが、「日本側から返答がなく、建設的な方法を探りたい」と述べた。米側が「早期の問題解決を望むとの立場を表明した」とも説明した。

 国務省のオルタガス報道官は11日、日本の措置に関する質問に「日韓は友人であり、同盟国だ。3カ国の関係は非常に重要で、米国は関係強化のためできることは何でもする」と述べるにとどめ、米政府の見解についての言及を控えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ