台湾・蔡総統、ニューヨークで17カ国の国連代表と面会 「恫喝に屈しない」

 【ニューヨーク=上塚真由、台北=田中靖人】台湾の蔡英文総統は11日、ハイチなど外交関係のあるカリブ海諸国4カ国歴訪のため、経由地のニューヨークに到着した。台湾の中央通信社によると、蔡氏は、領事館に相当する台北経済文化弁事処で、外交関係のある17カ国の国連代表と面会した。

 蔡氏は会合の冒頭、「台湾の2300万人は国際関係に参加する権利があり、いかなる政治的な前提による干渉も受けるべきでない。台湾は恫喝に屈しない」と述べた。台湾の総統が米国にある在外公館で公開の活動をするのは初めてで、各国の国連代表との面会も初めてという。

 蔡氏の滞在先のニューヨーク中心部のホテルには数百人の支持者が集まり、大きな歓声で迎えた。一方、周辺には在米中国人の抗議団体も集結し、ロイター通信によると、蔡氏の支持者と抗議団体が衝突し、警察官が止めに入る場面もあったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ