不正輸出、韓国「疑問視するのは日本だけだ」と反論

 【ソウル=桜井紀雄】韓国産業通商資源省は11日、軍事転用できる戦略物資の不正輸出の摘発数の多さが日本で批判的に受け止められていることに対し、韓国の輸出統制制度は「日本に比べて信頼度がむしろ高い側面があり、実効性に疑問を提起した国は日本しかない」と反論した。同省当局者が記者団に語った。

 当局者は「世界で最も強力な輸出統制システムを運用する米国」でも不正輸出の摘発数が多いことを挙げ、日本側の批判は「米国の制度を信頼できないと主張するのと同じだ」と指摘。「日本は総摘発数も公開せず、事例だけ選んで公開している」と日本の制度に矛先を向けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ