韓国、WTOで懸念表明へ 輸出規制、協定違反強調か

 韓国政府は9日、世界貿易機関(WTO)の物品貿易理事会で、日本政府による半導体材料の輸出規制強化について懸念を表明する。規制強化は、輸出統制を禁じたWTO協定違反だと強調するとみられる。

 WTO会合での韓国の意見表明は、4日の規制強化の発動後初となる。韓国はWTOへの提訴を検討しており、本格的な通商紛争に発展する可能性も出てきた。

 韓国は、規制強化が元徴用工問題への「報復措置」に当たり、自由貿易主義に背くと主張している。これに対し日本は、軍事転用の恐れがある品目の安全保障上の輸出管理だとして、WTO協定との整合性はあると反論する見通しだ。

 WTO協定は、安全保障上の脅威がある場合、貿易制限などの措置を取れると定めている。トランプ米政権は安全保障を理由に鉄鋼やアルミニウムの輸入制限を発動したが、欧州や中国などは不当だとしてWTOに提訴している。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ