「不合理で常識に反する報復」輸出規制で韓国外相、日本に撤回求める

 【ソウル=名村隆寛】日本政府が発表した、半導体などの製造過程で必要な材料の韓国への輸出規制強化が4日に発動されるのを前に、韓国の康(カン)京(ギョン)和(ファ)外相は3日の国会での説明で、日本の対応について、「(いわゆる徴用工問題に対する)不合理で常識に反する報復措置だ」と主張した。

 聯合ニュースによると、康氏は国会で、日本政府による輸出規制強化について「非常に遺憾」であるとした。また、日本側に外交ルートを通じて抗議したことを明らかにするとともに、今後、発動の撤回を求めていく考えも示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ