「東海」を「日本海」と呼んだ… トランプ米大統領の演説に韓国紙が敏感に反応

 28日まで日本を訪問していたトランプ米大統領が、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を訪れ、強襲揚陸艦「ワスプ」の艦上で米軍将兵を前に行った演説に、韓国紙が敏感に反応している。

 トランプ大統領は同日の演説で、「皆さんは黄海、日本海、東シナ海、南シナ海を巡回し、祖国と同盟国を敵のミサイル攻撃から守っている」などと述べたが、「日本海」(the Sea of Japan)と発言したことに各紙が言及した。

 韓国政府は「日本海」の表記について、「東海」と併記するよう、国際社会でことあるごとに訴えており、今月1日(米国時間)に米ニューヨークで行われた国連地名専門家グループ会合でも、同様の主張を繰り返した。

 中央日報(日本語電子版)は「ドナルド・トランプ米大統領が訪日最後の日である28日、東海(トンへ、日本名・日本海)を日本海(Sea of Japan)と言った」との書き出しで記事を掲載。「トランプ大統領の『日本海』演説をめぐり今後日本政府は韓国の東海併記主張を聞き入れる理由がないという根拠として前面に出す可能性がある」と懸念を示した。

 朝鮮日報(同)は「トランプ大統領が公の場で『日本海』と言った(原文は『行った』)ことに対して、正式には反論できずに頭を抱えているようだ。米日関係が密着状態の中で、韓国の外交力の限界が露呈したとの指摘もある」と韓国政府の雰囲気を描写した。

 東亜日報(同)は、「韓国政府は明確に一貫して『東海と日本海を併記しなければならない』という立場」「米国側に東海表記の正当性に対する韓国の立場を再度説明し、説得の努力を続ける」などとした外交部のコメントを伝えた。

 日本海呼称問題をめぐっては、日本政府は一貫して「『日本海』が国際的に確立した唯一の呼称」との立場を崩しておらず、韓国側が求めている併記を拒否している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ