トランプ米大統領、横須賀の強襲揚陸艦上で演説 日米首脳会談

 国賓として来日中のトランプ米大統領は28日、米第7艦隊が拠点とする米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を訪れ、強襲揚陸艦「ワスプ」の艦上で米軍将兵を前に演説した。

 米国時間の27日は、祖国のために命をささげた米兵を顕彰する「戦没将兵追悼記念日(メモリアル・デー)」に当たる。トランプ氏は「第7艦隊はインド太平洋地域全体の現状を維持し平和を守っている」とたたえるとともに、「力による平和」の考えに基づき「世界最強」の米軍が地域や地球規模の安全保障に寄与していくと強調した。

 ワスプは米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Bを運用。同艦は通常、米海軍佐世保基地(長崎県佐世保市)に配備されているが、トランプ氏の演説に合わせて横須賀に寄港していた。(黒瀬悦成)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ