トランプ米大統領、短距離弾道ミサイル「気にしない」改めて強調

 トランプ米大統領は26日、北朝鮮による今月上旬の短距離弾道ミサイルに関しツイッターに「北朝鮮は数発の小さな兵器を発射し、わが政権の一部の人々などを動揺させているが、私は気にしない」と書き込み、問題視しない立場を改めて表明した。

 ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は25日、都内で記者団に対し、ミサイル発射は「国連安全保障理事会決議違反だ」と明言していた。

 トランプ氏の発言は、北朝鮮の非核化に向けた対話機運を維持するため金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との個人的関係を優先する姿勢を示したもので、弾道ミサイル発射を非難する日本との認識の差が再び浮き彫りとなった格好だ。

 トランプ氏はまた、「金委員長が私との約束を守ってくれると信じている」と強調した。(黒瀬悦成)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ