徴用工訴訟判決など意見交換 韓国も日韓外相会談発表 仲裁委に応じる可能性低く

 【ソウル=名村隆寛】韓国外務省報道官は21日の定例記者会見で、康京和(カン・ギョンファ)外相と河野太郎外相との会談について、「23日を考えている」と述べた。会談では、いわゆる徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決の問題など「両国の関心事案について幅広く意見が交換される予定だ」と説明した。

 日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の開催に応じるよう、日本政府が韓国政府に対して要請したことについて、報道官は「諸般の要素を考慮し慎重に検討している」と前日に表明した立場を繰り返した。

 仲裁委の開催には韓国側の委員任命も必要だが、韓国では「日本側の要請に応じる可能性は低い」(韓国メディア)との見方が大勢だ。韓国政府は三権分立を理由に司法判断を尊重する姿勢を変えておらず。外相会談での議論は平行線をたどることが予想される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ