徴用工判決の仲裁付託、韓国外務省「慎重に検討していく」

 【ソウル=桜井紀雄】韓国のいわゆる徴用工判決で日本政府が日韓請求権協定に基づく仲裁付託を通告したことを受け、韓国外務省は20日、「韓国政府は諸般の要素を勘案し、慎重に検討していく予定だ」とのコメントを発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ