正恩政権打倒目指す組織「自由朝鮮」の光と影

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権打倒を掲げ、3月に発足した脱北者らの組織「自由朝鮮」は「北朝鮮人民を代表する正当な臨時政府」だと宣言し、国内の同志とともに金政権を「根元から揺さぶる」と主張する。在スペイン北朝鮮大使館襲撃という非合法事件に手を染めながら何を目指そうとしているのか。組織の中心人物の言動を基に光と影を探った。

 「21世紀にこんな悪魔のような体制があるのか!」

 韓国の脱北者団体代表の朴相学(パク・サンハク)氏ら親交のあった関係者によると、「自由朝鮮」の中心人物で、大使館襲撃で手配中のアドリアン・ホン・チャン容疑者は米名門のエール大在学中の2004年ごろ、北朝鮮で「コッチェビ」と呼ばれる路上生活の子供だった脱北者の講演を聞いて衝撃を受けたのが北朝鮮の反体制活動にのめり込むきっかけだった。

 北朝鮮の人権問題に取り組む市民団体「LiNK(リンク)」を立ち上げ、「カリスマ性と強い意志」(朴氏)で瞬く間に米全土の大学や海外に支部を持つ組織に成長させた。06年には中朝国境で脱北支援に当たっている際に中国当局に拘束された。

 北朝鮮から韓国に亡命した黄長●(=火へんに華)(ファン・ジャンヨプ)元朝鮮労働党書記との08年ごろの面会が大きな転機になったとも考えられる。ホン・チャン容疑者が「ここ(韓国)にいても何もできない。いっそ臨時政府をつくって主席をなさるよう」要請したのに対し、黄氏は激怒した。「韓国を祖国と仰ぎ来たのにまた亡命しろというのか!」

 ホン・チャン容疑者は、黄氏も「しょせん学者だ。われわれ闘士とは違う」と強い失望感を漏らしたという。10年前後からはLiNKの運営を後進に任せて民主化運動「アラブの春」が起きていたチュニジアやリビア、シリアを訪れる。北朝鮮の独裁体制打倒に役立てるのが目的だったという。

 「臨時政府樹立」というホン・チャン容疑者の目標を結実させた形の「自由朝鮮」は、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の擁立失敗を受けてか、ホームページ(HP)で「私たちは金氏一族の世襲を断ち切ろうと結集した脱北者や同胞の組織だ」と強調。北朝鮮の政治犯収容所の解体や改革開放も要求している。一方で、韓国在住の脱北者との連携はないと主張した。北朝鮮工作に詳しい韓国の民間研究団体「自由民主研究院」の柳東烈(ユ・ドンヨル)院長は「韓国の団体と連携すれば、秘密保持が難しくなる」との見方を示す。

 欧米メディアはホン・チャン容疑者と米中央情報局(CIA)の接点についても報じてきた。朴氏は、ホン・チャン容疑者が正男氏と直接会ったという話からLiNKを退いた後、CIA要員として働いてきたとの心証を強くしたという。

 柳氏は、正男氏の息子の金ハンソル氏らの国外移送を担ったという点からも「各国間の調整を民間団体だけで行えるはずはなく、米国や中国などの情報機関の介入があったとみるのが妥当だ」と分析。ホン・チャン容疑者がCIAと連携する要員の可能性が高いとみる。大使館を襲撃し、コンピューターなどを奪ったことは「秘密を握った」と北朝鮮を圧迫するのにある程度成功したといえるが、身分が露呈したことで「秘密組織としては終わった」として、今後の活動に大きな制約があるとも指摘した。

 ホン・チャン容疑者は昨年6月、朴氏に「何か果敢な行動をしなければ」と話していた。「自由朝鮮」は4月1日にHPで「大きなことを準備している。そのときまで嵐の前の静けさを守る」と表明してから、仲間への指示とみられる数字の羅列を掲載する以外、目立った動きは見られない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ