トランプ氏、北ミサイル「短距離だから問題ない」

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は10日、政治専門紙「ポリティコ」(電子版)とのインタビューで、北朝鮮が国連安全保障理事会決議違反となる弾道ミサイルを発射したことに関し、「短距離ミサイルなので(北朝鮮が)信頼を破ったとは全く受け止めていない」と述べ、特に問題視しない考えを明らかにした。

 トランプ氏はまた、北朝鮮が今後、より長距離の弾道ミサイルを発射した場合などを念頭に「ある段階で(信頼を破られたと)思うかもしれないが、現段階ではそう思わない」とした。

 また、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との友好関係が損なわれる可能性については「いずれかの時点でそうなる可能性はあるにしても、今の時点ではそんなことは全くない」とし、両者の個人的関係は引き続き良好であるとの認識を強調した。

 トランプ氏としては、非核化交渉を維持する態度を明確にしつつ、立て続けにミサイル発射に踏み切った北朝鮮の真意を慎重に見極める方針だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ