トランプ氏が文在寅氏と電話会談 北への韓国の食糧支援に理解

 【ソウル=桜井紀雄、ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7日、電話会談し、北朝鮮が4日に「戦術誘導兵器」と称する飛翔(ひしょう)体を発射したことを受けた対応を協議した。両首脳は、北朝鮮が対話路線から外れず、可能な限り早期に非核化交渉を再開するための方法を話し合った。韓国大統領府が発表した。

 電話会談では、北朝鮮の食糧不足についても意見が交わされた。韓国側によると、トランプ氏は「韓国が人道的な観点から北朝鮮に食糧を提供することは時宜にかない、肯定的な措置となる」と指摘し、韓国政府による食糧支援に理解を示した。

 両首脳は、北朝鮮の飛翔体発射後に米韓が緊密に連携し、適切に対応したことが効果的だったとの認識で一致した。文氏は、「トランプ氏がツイッターで発信したメッセージが北朝鮮を肯定的方向に引き留める上で決定的な役割を果たす」と評価した。

 トランプ氏は飛翔体発射後もツイッターで交渉継続の意思を示すなど、米韓ともに対北非難を自重しているが、これを自己評価した形だ。トランプ氏が近いうちに訪韓することを協議していくことも確認した。

 一方、米ホワイトハウスは7日、米韓首脳の電話会談に関し、「北朝鮮の最終的かつ全面的に検証された非核化をいかに達成するかについて話し合った」とする声明を発表。北朝鮮の飛翔体発射などについても話し合ったとしたが、会談の詳細には言及しなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ