金正恩氏が列車で露ウラジオ入り 初会談でプーチン氏と“非核化共闘”確認へ

 【ウラジオストク=小野田雄一、ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は24日、専用列車でロシア極東ウラジオストクを訪問した。25日にプーチン露大統領と初の首脳会談に臨み、2月の米朝首脳会談の物別れで非核化交渉が停滞する中、露朝が非核化問題や対北制裁問題に協調して対応する方針を打ち出す見通し。

 金正恩氏は、ウラジオストク駅前で儀仗(ぎじょう)兵らによる歓迎式典を受け、会談会場となるルースキー島の極東連邦大に入った。露国営テレビのインタビューには、会談が「地域情勢を安定的に共に管理していく上で、有益な対話の機会になると信じている」と述べた。

 列車での移動途中、国境に接する露側のハサンで、金日成(キム・イルソン)主席や金正日(キム・ジョンイル)総書記も生前に歓迎を受けた「ロシア・朝鮮友好の家」を訪問。3代にわたる露朝友好を内外にアピールした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ