金正恩氏は「人民の最高代表」 新たな枕詞、権限拡大か

 北朝鮮国営メディアは14日、金正恩朝鮮労働党委員長が再任された国務委員長職について「朝鮮人民全体の最高代表者であり、共和国の最高指導者」と伝えた。「朝鮮人民全体の最高代表者」との表現は11日の最高人民会議から使われ始めた新たな枕詞で、憲法改正により国務委員長の権限が拡大された可能性がある。

 金正恩氏は3月に行われた5年ぶりの最高人民会議代議員選挙に出なかった。最高指導者が代議員に選出されなかったのは初めてで、統治体制の改編を準備しているとの見方が出ていた。

 これまで最高人民会議常任委員長が担っていた対外的な国家元首の役割を引き受けるとの臆測もある。ただ金正恩氏が最高指導者として、すべての絶対的権限を握っている実態に変わりはない。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ