文氏、トランプ氏に「近く南北首脳会談」

 【ソウル=桜井紀雄】韓国政府高官によると、ワシントンで11日(現地時間)に開かれた米韓首脳会談で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「近く南北首脳会談を推進する計画だ」と説明した。トランプ米大統領は、南北接触を通じて「北朝鮮の立場を可能な限り速やかに知らせてほしい」と応じた。

 ただ、北朝鮮は2月末の米朝首脳再会談の物別れ後、米国の顔色をうかがいすぎだと文政権を非難し、南北協力に消極的に転じており、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が早急に南北会談に応じる保証はない。

 両首脳は、朝鮮半島の平和構築には「トップダウン方式が今後も不可欠だ」との認識で一致。トランプ氏は、金氏との「対話の扉は常に開いている」と強調した。

 文氏が近いうちに韓国を訪問するよう要請したのに対し、トランプ氏は謝意を表した。トランプ氏はまた、「われわれの関係が(今より)良かった時期はない」と述べ、米韓関係と首脳間の結束をアピールした。米韓国内で高まる両国間の不協和音を懸念する声を牽制(けんせい)した形だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ