ニールセン国土安全保障長官が辞任へ トランプ氏発表

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は7日、ニールセン国土安全保障長官が辞任すると発表した。トランプ氏はニールセン氏の長官としての仕事ぶりに「感謝する」とした上で、税関・国境警備局(CBP)のケビン・マカリーナン局長が長官代行を務めることを明らかにした。

 発表に先立ちニールセン氏は同日、ホワイトハウスでトランプ氏と面会。ニールセン氏が自ら辞めるのか、更迭なのかは明らかでないが、CNNテレビは関係者の話として、同氏は現時点での辞任を考えていなかったと報じた。

 ニールセン氏は2017年12月に長官に就任。トランプ氏が重要課題に掲げる移民規制と国境管理の強化に取り組み、メキシコ国境への壁建設問題などで議会民主党などからの批判の矢面に立ってきた。

 米メディアは昨年11月、トランプ氏がニールセンの移民問題への取り組みが手ぬるいとして解任を検討していると報じ、トランプ氏も保守系ネットメディアの取材にニールセン氏の処遇を「近く決断する」と述べていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ