選挙向け親イスラエル誇示 ユダヤ団体演説で米大統領

 トランプ米大統領は6日、西部ネバダ州ラスベガスで開かれたユダヤ系ロビー団体の会合で演説し、イスラエル占領地ゴラン高原のイスラエル主権承認、米大使館のエルサレム移転、イラン核合意離脱などイスラエル寄りの政策を列挙し「私は多くの良い決断をした」とアピールした。

(修正前: AP通信によると、米国のユダヤ系有権者は伝統的に民主党支持の傾向が強い。トランプ氏は2020年大統領選再選に向けユダヤ票取り込みに力を入れており、演説でイスラエル自衛権に資する政策を続け、ユダヤ人差別に反対していくなどとユダヤ系有権者が喜びそうな発言を並べた。  演説したのは「共和党ユダヤ人連合」の会合。トランプ氏は、来年の大統領選で「われわれはホワイトハウスを取り、下院を奪還し、上院(の支配)を維持し、かつてなかったほど強い立場になる」と強調。「共和党ユダヤ人連合が新たな歴史的勝利に向けてわが党(共和党)を引っ張ってくれる」と支持を訴えた。) AP通信によると、米国のユダヤ系有権者は伝統的に民主党支持の傾向が強い。トランプ氏は2020年大統領選再選に向けユダヤ票取り込みに力を入れており、演説でイスラエル自衛権に資する政策を続け、ユダヤ人差別に反対していくなどとユダヤ系有権者が喜びそうな発言を並べた。 演説したのは「共和党ユダヤ人連合」の会合。トランプ氏は、来年の大統領選で「われわれはホワイトハウスを取り、下院を奪還し、上院(の支配)を維持し、かつてなかったほど強い立場になる」と強調。「共和党ユダヤ人連合が新たな歴史的勝利に向けてわが党(共和党)を引っ張ってくれる」と支持を訴えた。

 国際的にはイスラエルの首都と認められていないエルサレムを「イスラエルの真の首都と認め、米大使館を開いた」とし「あなた方が欲していたものを与えた」「歴代大統領と違い、私は約束を守る」と誇示した。

 「急進的な政策」の民主党が選挙に勝てば「米経済を破壊し、国をだめにし、イスラエルを(守らずに)独りぼっちにするかもしれない」と主張した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ