非核化交渉再開へ連携 ワシントンで米韓外相会談

 ポンペオ米国務長官は29日、ワシントンで韓国の康京和外相と会談した。北朝鮮の非核化手順を巡る対立から決裂した2月末の米朝首脳会談後、米韓の外相会談は初めて。非核化協議が失速しないよう、交渉の早期再開に向けた連携を再確認する狙いだ。

 両氏は、ベトナム首都ハノイでの米朝会談で国連制裁の広範な解除を求めた北朝鮮側の姿勢や、その後の情勢について意見交換。北朝鮮は今月、開城の南北共同連絡事務所から一方的に人員を撤収させた後、一部復帰させるなど韓国を揺さぶるような動きも見せている。

 米側には、北朝鮮に対し融和姿勢に傾きがちな韓国に、非核化実現まで米国と共同歩調を取るよう念押しする狙いもありそうだ。

 トランプ米大統領は4月11日、韓国の文在寅大統領とワシントンで会談する。

 米国は首脳会談の決裂後、制裁を維持して北朝鮮に具体的行動を促す立場を各国に説明、理解を求めている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ