ゴラン高原のイスラエル主権承認表明 米大統領表明

 【ワシントン=住井亨介】トランプ米大統領は21日、イスラエルがシリアから奪って占領するゴラン高原について、自身のツイッターに「(占領から)52年がたち、米国がイスラエルの主権を完全に認めるときがきた」と書き込んだ。シリアや同国のアサド政権を支援するイランからの反発が予想され、中東情勢の混迷をさらに深める可能性がある。

 イスラエルは第3次中東戦争(1967年)で、シリアのゴラン高原を占領、81年に併合を宣言したが、国際的には承認されていない。トランプ氏はツイッターで「(ゴラン高原は)イスラエル国家と地域の安定にとって、戦略上、安全保障上非常に重要だ」と指摘し、承認を正当化した。

 一方、イスラエルのネタニヤフ首相は21日、同国を訪問中のポンペオ米国務長官との共同記者会見で、「トランプ氏は歴史的偉業を成し遂げた。イスラエル国民に代わって感謝する」とし、「トランプ氏の世界に向けたメッセージは、米国がイスラエルを支持しているということだ」と歓迎した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ