北朝鮮で最高人民会議の代議員選挙 金正恩体制で2回目

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮で10日、最高人民会議(国会に相当)の第14期代議員選挙が行われた。朝鮮中央放送など、北朝鮮メディアが同日報じた。選挙には、全有権者が「一丸となって参加」したという。

 代議員は5年ごとに信任投票で選ばれるもので、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が最高指導者に就任して以来、2回目。2月末に行われた2回目の米朝首脳会談が事実上、決裂に終わったことを受け、2期目となる金正恩体制の政策方針や体制固めが、選挙結果に強く反映されるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ