バノン氏、ファーウェイに危機感「全ての人のデータ支配」

 トランプ米大統領の元側近、バノン前首席戦略官兼大統領上級顧問は8日、都内で講演し、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が米国などの通信インフラに対して脅威を与えていることに触れ、「全ての電気通信網に入り込み、全ての人のデータを支配している」と危機感を示した。

 バノン氏は、華為を「中国人民解放軍そのもの」と指摘。中国政府の支援を受けて「(機密情報漏洩などの)大きな詐欺行為を世界中で行ってきた」と批判した。(板東和正)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ