中国、米朝の「対話継続を希望」 北と対応協議へ

 【北京=藤本欣也】中国外務省によると、王毅国務委員兼外相は28日、北京で北朝鮮の李吉聖(リ・ギルソン)外務次官と会談し、合意に至らなかった米朝首脳会談について「双方の協議が困難に直面するのは避けられないが、対話を通じて朝鮮半島問題を政治的に解決するという方向性は明確になっている」と指摘した。「好事魔多し」との言葉を引用しながら、「双方が根気よく対話を継続し、歩み寄ることを希望する」とも述べた。

 北朝鮮メディアによると、習近平国家主席は1月に北京で金正恩朝鮮労働党委員長と会談した際、米朝非核化協議などの過程で生じた「難関と憂慮」について金氏から説明を受けている。習氏は米国に対する北朝鮮側の要求は「当然のものだ」と同意し、「中国は(北朝鮮の)頼もしい後ろ盾である」と表明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ