ついに創業者に照準か!? FBI長官がファーウェイを猛批判「恥知らずで執拗な…」 米商務長官も言明「もう終わりだ」

 起訴状には、FBIが2007年7月、疑惑について問い合わせた際、ファーウェイに関する資料を任氏自身が提供したが、FBIと金融機関を欺く内容だったことなどが記されていた。

 任氏は1月17日、中国・深センで、複数の中国メディアのインタビューを受けた。任氏は、孟被告がアルゼンチンで主催した会議に出席予定だったが、孟被告とは2日遅れの別便だったので難を逃れたと語ったという。

 米中新冷戦が激化するなか、任氏は“安全地帯”の中国国内で、いつまで安穏としていられるのだろうか?

 EUが、5G移動通信システムの域内整備をめぐり、ファーウェイの機器などの使用を事実上禁じる措置を検討していると、ロイター通信が、複数の関係筋の話として報じている。

 報道によると、EUの欧州委員会は重要なインフラ整備に適切な安全対策を求めるサイバー関連法の対象に5Gネットワークを含めたり、公的調達に関する法律を修正する方法を検討している。

 欧州委は内部文書で、EUがファーウェイの機器を排除する背景として、国民や国内組織に国家の情報活動への協力を求める中国の「国家情報法」施行などに言及。スパイ容疑で同社の現地支店幹部を逮捕したポーランドもEUとしての対応を働きかけているもようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ