日韓対立に便乗、北朝鮮が狙う「冠のひも」戦術とは

 【劇場型半島】

 北朝鮮は昨年からの韓国や米国への対話攻勢以来、連日のように日本の安倍晋三政権を狙い撃ちした非難をメディアで繰り返している。韓国最高裁が昨年10月にいわゆる徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じる判決を確定させてからは、日本に賠償に応じるよう圧迫し、韓国を援護射撃している。日韓対立に便乗するような態度だが、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の祖父、金日成(イルソン)主席時代からの「日米韓離間策」を忠実に実践しているといえそうだ。(ソウル 桜井紀雄)

■「拉致主張は徴用工逃れ」

 「恥を感じるべきだ」。北朝鮮国営の朝鮮中央通信は1月26日、徴用工判決をめぐってこう題し「罪を犯したなら謝罪し、代価を支払うのは初歩的な道徳だ」と主張する論評を掲げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ